calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

selected entries

recent comment

recent trackback

自分が飼っていた毒グモの餌食になってしまった男

0
     ドイツのドルトムントで、飼っていた毒グモにかまれて男性が死亡しました。男性は200匹以上のクモを飼っていたそうで、不注意によるものか事故かは不明。

     問題は、Voegel氏の遺体が発見されたのが死亡して7日以上経過してからだったこと。発見時、Voegel氏の遺体はクモの巣で覆われており、200 匹以上のクモやヘビ、シロアリ、ヤモリが死体に群がっていたそうです。遺体はソファーに横たわっていましたが、体中にクモが張り付いて鼻や口から出入りしており、トカゲは肉を引きちぎって部屋の中を大手を振って歩いていたそうです。

     今回、Voegel氏を殺害したクモはクロゴケグモと呼ばれるもので、世界中に広く生息しており死亡例も多いそうです。1995年に大阪で見つかって話題になったセアカゴケグモと同じゴケグモ類。

    メルクマニュアル医学百科 クロゴケグモ(ブラックウイドウ)

    セアカゴケグモ - Wikipedia

    なお、毒グモといっても性格はおとなしくて積極的に攻撃を仕掛けてくることはなく、手で直接触ったりしなければかまれることはないそうです。

    GIGAZINE - 2007年8月20日

    Post DATE: 2007/08/20
    価格:¥ 1,890
    発売日:2004-04-23
    おすすめ度:
    恐さはない
    コメディ風味の昆虫パニック

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック